風にのせる音

音楽、演奏を中心とした感じたこと、つぶやき、記録、日記など。

ザ・ウォルナッツ

今年に入り、ウォルナット材をボディ材に使っている楽器を何気に2挺購入していたので、このふたつをウォルナッツ、と呼ぶことにした。

 

f:id:wasabichaduke:20181118172335j:image

 

ウォルナッツ、活躍に期待が膨らむなぁ(>人<)

 

1つ目はフレームをウォルナット材使用のヤマハのエレクトリックバイオリン。

 

2つ目は、中古で出会ってしまった2012年製タカハシウクレレのウォルナット材使用のソプラノウクレレ

 

どちらも生で使っても、ラインを通しても心地良い楽器。

 

特にタカハシウクレレの素晴らしさには驚愕。

 

ウォルナッツで何か録音してCD作って遊ぼうかと思う。

 

さて、何をしようか。

どうやらチェリーサンバーストが大好きな事に今更気づく。

f:id:wasabichaduke:20180916005348j:image

ウクレレは安いのから高いのまで、みんなそれぞれめちゃ楽しくて困る(´Д` )

 

差し上げる用に安いソフトケースを探しに行ったら、アラモアナのチェリーサンバーストさんが。

 

安っぽい感じでも、アラモアナのチェリーサンバーストはずっと気になっていた。

 

ソフトケース付いてるし丁度良いや、と。ソフトケースプラス1000えんくらいで買えるいう、新品で買う最安値を更新した。2800えん+税。

 

実はアラモアナは以前、小春食堂友達のお姉さんの息子さんに、プレゼントした事が。

 

ハイビスカス柄の黄色いやつを差し上げる直前に何回か試奏していて「妙に惹かれるなあ。」と。バス停のベンチに座り弾いていたら妙に良かった記憶が。

 

アラモアナのソプラノは、自分の強いピッキングを吸収してまろやかにしてくれる感じで、弾いていて超癒される感じで。温泉に浸るような心地よさが独特で、良い意味で鳴りが籠るのが面白い。塗装がぶ厚そう。

 

アラモアナはボディの中とかをみると、

まあまあ汚いし、ブリッジも浮いているし、かなりデンジャラスな印象も。そこはクサビで飛ばないようになっている事を祈る。一年保証もあるし。ここは攻めて使いたおしてみて、一年実験するのも面白い。

 

チープでかわいい、チェリーサンバーストのアラモアナを使って録音してCD作ってみたい気も。

 

何となく、ウクレレをピンキリ知って把握しておきたい気持ちが強い。とはいえカマカとかは手を出せてないけれど。

 

アストリアスとは対極で、アラモアナを使うと、大丈夫かな?これ。。という不安が極めてすくない安心のフェイマスや手工品のありがたみがしみじみわかる。

 

 

 

 

 

メイズコンサートを終えて

今日は何とか無事にメイズコンサート出演を無事に熟した。

 

細かいミスはあるものの、何とか止まらずに最後まで弾ききれたのは良かった。

何より音響が、よかったのと、2人も見に来てくれたので、出た甲斐があった。

 

自分以外はフルートとピアノ伴奏のみの発表会だったので、最初アウェー感が凄いかと緊張したけれど、馴染みやすい感じの雰囲気の良い方ばかりで、ホッとした。

 

今回のメイズコンサートに出た理由は、ウクレレがクラシック系のイベントにマッチするのかを確かめたかったのと、普段お世話になっている友達にも何となく、自分のフォーマルな場での演奏を聴いて欲しいというワガママな理由で。

 

場所の新鮮さは確実にあったとは思うので、演奏良かった、と感想を頂いたので今回出て良かったな、と。

 

観に来ていただきましたハロルドさん、みーちゃん、忙しい中のご来場、ありがとうございました(>人<;)とてもやり甲斐を頂きました!

 

f:id:wasabichaduke:20180920075940j:image

 

 

 

 

メイズコンサート

9月2日(日)に東松原にあるスタジオ、スタジオメイズさん主催のメイズコンサートに出演します。

当日のスケジュールが来たので載せておきますf^_^;

他の参加者さんの情報はunknownです。今回はメイズコンサート初回との事で参加者は6組と少ないそうです。

会場はスタジオメイズ2階、スタインウェイサロンです。

9月2日(日)
13時半開場、14時開演(入場無料)
15時15分終演
<diary_photo src="1">

僕の出番は3組目、14時30分〜14時40分です。
予定しているプログラムは
G線上のアリア
愛の挨拶
別れの曲
の3曲です。
楽器、スタイルは
ソロウクレレです。

お問い合わせ等は下記まで。
ミュージックスタジオ メイズ
03-6379-5915
http://studiomays.com
〜アクセス〜
東京都世田谷区東松原5-3-16
京王井の頭線東松原駅 西口徒歩30秒

 

 

こぐまのトンピーとの2年ぶりにセッション

リズムパートナーを買って、リズムパターンを色々呼び出してメトロノーム代わりに楽しむ傍ら、

f:id:wasabichaduke:20180823001743j:image

2年前の小春食堂チョコバットブーム時に、鈴木さんと下北の駄菓子屋さんで購入したこぐまのトンピーを今夜のセッションパートナーに。

 

そしたらトンピーさん、まあ難しいリズムを刻むもんだから、合わない合わない(´Д` )

 

ハイレベルなリズム感の持ち主のトンピーさんにはなかなか追いつけないようです。。

 

結構動作音とドラムの音がうるさい。。笛は良い感じなんだけどなあ。

旧ロゴのフェイマスに敬意

昨日からまたフェイマスを引っ張り出して弾いている。

 

弾き心地とサスティン少なめな音の減衰が早めながら、ドライかつ、コシがある音色。フェイマスの良さを感じる。

 

詳しく調べてはいないけれども、1970〜1990年代前半、ウクレレが下火になってからずっと冷ややかな期間を耐え抜いたキワヤ商会とフェイマスブランドに敬意。

 

日本のウクレレ界の昏睡状態を乗り越えてきた事実には、感謝と敬意を抱く。

 

今またハマっている旧ロゴのフェイマスは、昨年の5月頃、イシバシ楽器横浜店に旧ロゴのフェイマスのFU-120Pという型番のパイナップルを発見。

 

1980円で傷アリとかのせいか、中古ランク0品として売られていたので、すかさず即買ってきました。

 f:id:wasabichaduke:20180821103253j:image

試奏して、少し乱暴にストロークピッキングすると、多少ビビりはあるものの、極限に近い弦高の低さでピッチは驚くほど良くて感動。

 

鳴りはそれなりな気がするのに、何故か飽きずに集中してずっと弾いていられるような良さが。

 

ただ、見た目はキズもあり、古びたマホガニーのパイナップルウクレレ

 

一時期、FS1という新ロコフェイマスのエントリーモデルを弾いていたけれど、そのテイストもあり、これぞフェイマスのマホガニー合板の音!という印象。

 

まあ、2台しか弾いてないのに偉そうな事は言えないけれども(^^;;

 

 

羽根木公園でのんびりと弾くにはかなり良いウクレレ。ソプラノウクレレらしい可愛い音が欲しい時に。

 

f:id:wasabichaduke:20180821105236j:image

 

 

旧ロゴと、白フクロウのチューナーのコンビネーションが大好き。妙に似合う気がする。

f:id:wasabichaduke:20180821105252j:image

 

 

 

8月11日はブッキングライブだった。

f:id:wasabichaduke:20180809204026j:image

8月11日は7月29日に台風のために延期になった、西新井大師にある蕎麦処みずとくじら さんにて行われるライブに参加。

 

夕方、赤羽乗り換えでバスで西新井大師のバス停で下車、蕎麦処のみずとくじらへ。

19時から最初の奏者として演奏を開始。MCが酷すぎるな、と改めてライブに不慣れな感じを露呈してしまう。

リハーサルで、ヘルプ!とヘイジュードが不安定だったので、本番ではインマイライフとノーホエアマンに差し替え。

 f:id:wasabichaduke:20180820205847j:image

〜プログラム〜
1.オーラ リー
2.G線上のアリア
3.歌の翼に
4.イマジン
5.イエスタデイ
6.イン マイ ライフ
7.ノー ホエアマン
8.愛の挨拶
9.ザ ロング アンド ワインディングロード
10.別れの曲

 

f:id:wasabichaduke:20180820205921j:image

 

G線上のアリアでまさかのミス、インマイライフの間奏でミス。他も細いところでかなりミスしているけれど、流れを止めずに演奏出来たことは成功と言える気がした。

止まる事だけは避けたかったので、その点ではクリアした気がする。やるだけやって悔いはなし。75点くらいの出来だった気がする。

 

f:id:wasabichaduke:20180820205715j:image

 

主催のタカさん、参加者の皆様、そして、わざわざ観覧に来て下さったBariさん、ありがとうございました(>人<)